鹿児島から全国へ!海陸をつなぐ運輸をトータルサポート|第一海運株式会社

31年度 第2回 事業本部安全会議

平成31年2月13日(水)本部作業現場(2号上屋)にて
本年度第2回目の安全会議を行いました。

 

議題は「フォークリフト周囲における危険予知」
「フォークリフトの構造説明」です。

今回はロジスネクストユニキャリア(株)様に
フォークリフト災害防止セミナーを開催して頂きました。
講師の方からは時間帯や年代別等による事故傾向や
災害防止のポイントについて説明を受けました。

 

災害防止のポイント
(フォークリフト使用時)
・運転席以外の場所に乗らない・登らない
・バックブザーを装着する
・進行方向の安全を確認して走行する
・運転席を離れる場合は爪を地面に降ろす
(荷物)
・荷崩れ防止措置をしてから取り扱う
(人)
・歩行者専用通路を整備して、歩行者の通行を徹底させる
・安全通路は作業者が安全に通行できる幅を確保する
・やむを得ず作業区域に立ち入る場合は運転手の注意を喚起して
相互に安全確認を行う。

 

フォークリフトの構造についても解説して頂きました。
運転席からの死角と後輪操舵による外輪差等について説明を受け、
実際に事務職員が運転席に座って死角を体験しました。

実際に運転席に座ってみると、マストの前に置かれたコーンが

全く見えないことがよく分かりました。

 

上記の災害防止のポイントにもあるように、

まずは運転や作業の基本ルールを徹底して守ることが大切です。

しかし、やむを得ない場合に不安全な行動をとらないよう

今後も社員一同で学んで参りたいと思います。

全国の天気はこちらから

全国の天気はこちらから

ページトップ