鹿児島から全国へ!海陸をつなぐ運輸をトータルサポート|第一海運株式会社

東京営業所 片野

12月に入り慌ただしく毎日を過ごしております。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
昨年は関東の乾燥した空気に喉をやられ、のど飴を離せませんでした。今年はそんな反省を活かし、のどの乾燥対策をしていきたいと感じております。

地元鹿児島では野菜(キャベツ・大根などなど)が収穫の時期を迎えているようです。私どもも数多くの青果物輸送をさせていただいている次第です。
そんな中、東京の青果物物流拠点の一つ「大田市場(東京中央卸売市場)」へ行く機会がありました。私どもの輸送でもこちらへ納品することがあり大変興味深いところです。

場内は大変広く、たくさんのトラック・フォークリフトが行き交っておりました。荷卸し作業も忙しそうです。
「大田市場」は平成元年に、青果の旧神田市場・荏原市場、水産の大森市場を統合して開設したようです。平成2年には、城南地域の花き地方市場を統合し、青果部・水産物部・花き部の3部門を有する総合市場となりました。
全国からの青果物が集まり見るものすべてが新鮮でした。

↑ 上のあなご丼は大田市場内にある定食屋さんで頂きました。東京湾の特大アナゴです。中はふんわりおなかいっぱいです。
正しい食べ方はわかりませんでした。
また機会があれば食べに行きたいです。

 

 

 

全国の天気はこちらから

全国の天気はこちらから

ページトップ